勝負馬券は流しか1点かどっちじゃろうか?

 

 

 

 

 

 

有馬記念の思いで馬券。

 

 

やはり、自分で買えるようになってからの、

シンボリクリスエスですね。

 

 

ペリエ騎手とのコンビで本当に強かった。

藤沢ブランドの極み的存在です。

 

 

馬券的に応援し甲斐のある馬でした。

さて、馬券です。

 

 

そこで、馬券の買い方を中心に競馬周辺を、

有馬記念という今年最後の大イベントに題材となってもらい、

具体的な方法論的なものを書いていきたいと思っています。

 

 

私の馬券の買い方は、主に、

馬連を中心に総流しを多用してきました。

 

 

三連複においても、総流しを使ってきました。

何かがこぼれ落ちるのが怖かったのです。

 

 

せっかく選び出した貴重な馬の像が、

生かされないのが怖いのです。

 

 

そこで、その馬に関わる馬券は漏れ無く、

買い込む方法を取るのです。

 

 

この方法のイケないところは、そんなに買っても、

当たりはたった一つだけだということです。

 

 

つまり、残りの馬券は全てが、

無駄になるということです。

 

 

流し馬券の対極にあるのが、1点馬券です。

 

 

単勝馬券での勝負が多いですが、たまに複勝穴狙いや、

ワイドあるいは馬連などの1点買いもしますね。

 

 

余程の自信馬か、ずっと応援してきた馬か、

何か直感が走った時にそんな1点買いをします。

 

 

でも、ほとんどは自信があるからこそ、勝負馬券は、

狙い馬を、流し馬券の中心に据えて広く買い、

目を散らばせて、穴馬対抗などを狙っていきます。

 

 

万馬券狙いですね。

 

 

私が取った万馬券のほとんどが、

流し馬券でのものだったのです。

 

 

ただやはり、私が獲った万馬券の歓びは、

絞りに絞った結果の、数点勝負の苦労馬券であったり、

パドックでの直感の1点馬券でしたかね。

 

 

それは、独断と偏見から見付けることの出来た、

穴馬から買ったからこその、万馬券でした。

 

 

でもね、そんなコトって、なかなか起きないんですよね。

 

 

独断であれ偏見であれ、

人気に逆らうことの多い考えなんですよね。

 

 

つまり、来る確率の小さな、

滅多に取れない馬券ということです。

 

 

ということは、のべつ幕なしに、

買っていると破産しちゃうってことです。

 

 

レースを選ぶことの大切さが重要だということですね。

 

 

 

 

 

 

<<関連サイト>>

 

 

凱旋門賞オッズ特集!?ブックメーカー、【10BetJapan】

2019年ロンシャン凱旋門賞、ブックメーカーのオッズ更新中!

出走馬や過去のレース情報や、ブックメーカーの登録方法・賭け方などなど。

 

 

ブックメーカー、日本語対応サイト一覧|ご利用マニュアル配布中!』

ブックメーカーの中で世界トップクラスの日本語対応サイト一覧です。

入金マニュアルやベッティングガイドなども配布中!

ブックメーカーならではの、ライブ中継の視聴方法も...

 

 

 

 

 

更新履歴
トップへ戻る