競馬コラム日本!中京11R 愛知杯(G3)展望

中京11R 愛知杯(G3)展望

中京11R 愛知杯(G3)展望

 

 

 

 

 

 

暮れの牝馬限定ハンデ戦らしく混、戦模様の一戦。

 

 

注目したいのは、5枠10番ゴールデンナンバー。

 

 

ダイワメジャー産駆で、マイルから2000mくらいまでを中心に、

使われ続けていますが、成績を良く見てみると、

東京、中京、新潟での良績が多く、典型的なサウスポーのようで、

左回りをとても得意としています。

 

 

相手なり走れるのも、魅力の一つで、負けたレースでも、

勝ち馬から3馬身以上離されることが、ほとんどありません。

 

 

この秋、初戦のG2府中牝馬Sでは、準OPクラスでありながら、重賞に挑戦し、

掲示板には届かなかったものの、休み明けでも、

出走メンバー中最速の上がりで、勝ち馬から0.2秒差の競馬。

 

 

続く前走は、自己条件の準OPに出走し、

1.7倍の支持を受け、しっかり人気に応えて完勝。

 

 

晴れてOPクラス入りを果たしました。

 

 

そして今回は、堂々のG3出走。

 

 

中京コースといえば、差し馬が台頭しやすいコースなので、

この馬のように、どんなレースでも、常に1番か2番の、

上がりタイムを繰り出す馬にとっては、非常に有利なコース。

 

 

末脚勝負は、大歓迎。

 

 

横山典弘騎手は、この馬に乗るため、今年1月以来の中京遠征。

充実の4歳秋、叩き3走目、勝負になると見てイイと思います。

 

 

 

 

 

トップへ戻る